スペシャル
SPECIAL

火消半纏 紺木綿地人物模様(部分)

江戸時代・19世紀 東京国立博物館蔵

スペシャル
SPECIAL
広報大使にIKKOさんが就任!!
IKKOさん

きものを華麗に着こなし、
ご自身もきものコレクションを
多数お持ちのIKKO さんが、
特別展「きもの KIMONO」の
広報大使に決定しました!
様々な角度から、展覧会の魅力を
発信していただきます。

《 IKKOさんからのメッセージ 》
この度は、特別展「きもの KIMONO」広報大使を拝命いたしました。800 年という歴史ある日本の伝統文化である着物の世界を考えると、好きが昂じて着物を着る機会が増えた私には、身に余る光栄です。
私が、着物の魅力に虜になったのは、裏方のヘアメイクとしてお仕事させていただく中で、様々な女優さん達のその所作の美しさに魅せられたからです。そして、着物デザイナーの故・池田重子先生の審美眼でした。着物に恋をして、着物に魅了され、私の着物はスタートしました。着物の世界は奥が深く、一着ずつデザインのお話をしていくうちに、歴史や絵画などの道に少しずつ通じていく実感が、また着物の魅力かもしれません。
今回の特別展では、鎌倉時代のものから現代のものまで、そして歴史上の多数の著名人の衣装、国内外からのたくさんの屛風など、見応えのある大規模な展覧会と聞いております。着物を愛するひとりとして、心待ちにしております。そんな、わくわくするような想いが少しでも皆様に届いたら幸いです。
そして2020 年は、東京オリンピックが開催されます。世界中から日本が注目される時でもあります。皆様にもこの機会に、改めて日本の美意識の象徴である「きもの」に触れていただく、そんなお手伝いができたら幸いです。
「きもの」の文化に愛をこめて IKKO
IKKOさん
PROFILE
高級美容室「髪結処サワイイ」で8 年間修業の後、ヘアメイクアップ アーティストを目指して独立。数々の雑誌の表紙をはじめ、テレビCM、舞台等のヘアメイクを通してIKKO 流「女優メイク」を確立し、絶大な信頼を獲得。幼少期から抱えていたコンプレックスを乗り越える事により、生き方学を身につけ、世間から多大なる共感を得る。現在は、美容家として活躍する傍ら、そのセンスを活かして振袖をはじめ、様々な商品開発、執筆や講演、音楽活動などにとどまらず、プロデューサーとしても活躍の場を広げている。さらに、韓国観光名誉広報大使に任命され「2009 年ソウル観光大賞」をはじめ、数々の賞を韓国で受賞するなど、活躍の場は海外にまで広がっている。